khost – Governance

NEWS

80年代からUKのインダストリアル・メタルシーンで活躍している重鎮アーティストであるAndy SwanとDamian Bennettによるバンド「khost」が約2年振りとなる新作アルバムをCold Springからリリース!

 

去年はドロヘドロのサウンドトラックへの参加や彼等の盟友であるJustin K Broadrick(JK FLESH/GODFLESH)がkhostの音源を再構築したミニアルバムの発表などで話題を集めましたが、今回満を持して発表された3rdアルバム「Governance」ではファンの期待を超える壮絶な重低音インダストリアル・サウンドが満載された凄まじい内容になっています!

地獄の底から聞こえてくるような恐ろしく歪んだボーカルにヒリヒリと鼓膜を刺激する重低音と攻撃的なマシーンドラムといったkhostの代名詞となる部分がアップデートされた壮絶な世界観を披露しており、Hydra Head Recordsからのリリースで日本にもファンの多いアメリカのエクスペリメンタル・ロックを代表するバンド「OXBOW」のボーカル「Eugene Robinson」の参加や、過去のアルバムでは見せなかったロック的なグルーブと展開をみせた楽曲など、新しい側面が披露されたファン必見の内容です。

GHz Blogにてkhostのインタビュー&MIXも公開しておりますのでコチラも合わせてチェックを!

khost – Exclusive Mix & Interview for “DOROHEDORO original soundtrack”