clipping. Live on KEXP

NEWS

ニルヴァーナ、サウンドガーデンのリリースで御馴染みのグランジ・ロック・レーベル「Sub Pop」からのアルバムリリースでロック系リスナーからも支持されているエクスペリメンタル・ヒップホップユニット「clipping.」がターンテーブリスト「Baseck」をフューチャーしたライブパフォーマンスをKEXP studioにて公開!

独特のファンキーなラップにハーシュノイズ、グリッチノイズを被せたビートを軸にIDM、ブレイクコア、フットワークを取り込んだ唯一無二なサウンドを披露しています。

clipping.はUKのインディー・ロックバンド「Alt-J」ヘのリミックス提供や、Prurient、EYE(Boredoms)、Vessel、Arcaなどが参加したAdult Swimのノイズ・コンピレーションに収録されたSICKNESSとのコラボレーション楽曲で話題を集め、ノイズやポストロック、エクスペリメンタルなどのシーンでも高い評価を受けています。

 

Sub Popからリリースされたアルバム「Splendor & Misery」に収録されている「True Believer」のミュージックビデオも先日公開されました。

去年、clipping.のbandcampにてリミックス・アルバム「REMXNG」が無料配信されており、Xanopticon、Toecutter、Terminal 11、Lauren Bousfield(Nero’s Day At Disneyland)などのブレイクコア・アーティストからRP Boo、Sleeparchiveといったフットワーク、テクノ系アーティスト達が参加しています。

 

Baseckも自身のbandcampにて新しいEPを発表しており、モジュラーシンセ/IDMなどの実験的電子音楽ファンは必見の重厚な電子音作品となっています。

 

ちなみに、clipping.のトラックメイカーは過去に「Captain Ahab」というユニットを結成しており、エレポップやディスコにブレイクコア、ノイズ、メタル、ハードコアやユーロトランスなどをごちゃ混ぜにしたポップで狂った楽曲をリリースしていました。現在、bandcampにてDL可能となっていますので気になった方は是非チェックを!どれも素晴らしい名作ばかりです!
https://captainahab.bandcamp.com/