Aethek – 2501 (Ghost in the Shell Homage)

NEWS

士郎正宗の傑作SFコミック「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」がハリウッドで実写映画化され、遂に3月31日より海外で公開されました。(日本では4月7日より)
GHOST IN THE SHELLはコミック・映画共に多くのクリエイター達に影響を与え、ウォシャウスキー姉妹(マトリックス/バウンド)もGHOST IN THE SHELLにインスパイアされたと公言するなど、日本国外でも大きな人気を集めています。

過去にはプレイステーションでゲーム化もされ、石野卓球がディレクションしたサウンドトラックにはMIJK VAN DIJK、BROTHER FROM ANOTHER PLANET (Claude Young)、JOEY BELTRAM、HARDFLOOR、WESTBAMといった世界のトップ・テクノアーティスト達が参加したことも話題となりました。

GHOST IN THE SHELLは世代を超えて未だに世界中に影響を与え続け、様々なジャンルのアーティスト達のファンがおり、その中でもGITSに強い影響を受けているというNeurofunk/DNBシーンの奇才「Billain」が昨日の映画公開日にあわせてAethek名義でGITSネタのフリートラックを公開しました。Aethek名義でリリースしたEP「1991 VG」と同じく、グリッチーなアンビエンスが広がる壮大な1曲。作品への深い敬意を感じさせる作りでBillain/Aethekのファンは勿論、GITSファンも納得の素晴らしい内容です!

Aethek – 2501

その他にも、川井憲次が手掛けたGITSのサウンドトラックやテーマ曲『謡』はハードコアやドラムンベースのクリエイター達によってサンプリングされ、数多くのGITSネタのトラックがリリースされています。

THE SPEED FREAK – DEVASTATOR

Forbidden Society – TOKYO HARDCORE

Hellfish – Hell in the Shell

MAKAI – Beneath The Mask

Task Horizon – Ghost In The Shell

日本での劇場公開まであと少し!それまでGITSネタを聴いて楽しみに待ちましょう!